平成30年度 神戸労災 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 5 74 221 164 332 573 1117 1908 1646 425
当院の入院患者さんは60歳代から急増しています。
特に60歳~80歳代の患者さんは全体の約79%となっており、高齢化社会を反映して、ご高齢の患者さんが多くを占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 頸部 脊椎固定術,椎弓切除術,椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 前方椎体固定等 処置1なし 92 43.94 - 9.78 70.81
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤,不安定椎 手術なし 処置2_1あり 83 7.50 - 0 72.04
070341xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 頸部 手術なし 処置2あり 75 7.29 - 0 67.54
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 73 30.27 - 63.01 84.43
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤,不安定椎 手術なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 55 12.4 - 0 69.87
当院は整形外科全般を対象に診療を行っていますが、特に脊椎脊髄外科においては県下トップレベルの実績を有しています。
脊柱管狭窄の症例が多くなっていますが、これは神経の通り道である脊柱管が狭くなってしまい痛みやしびれを伴う症状がでる病気です。
股関節大腿近位骨折は平均年齢は84.43歳と非常に高齢の患者さんが多いですが、術後は速やかにリハビリを行う体制を整えています。
またDPCの細分化により症例件数が分散しているため上位5位には入っていませんが、脊椎脊髄外科以外にも手の外科や関節外科にも力を入れています。
消化器
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 466 2.54 - 0 69.54
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 111 6.13 - 0 77.35
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病あり 97 2.79 - 0 72.72
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 74 11.83 - 2.70 79.12
060130xx99000x 食道,胃,十二指腸,他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 60 4.78 - 0 68.83
消化器内科は、消化管、肝臓、胆道、膵臓等の腹腔臓器の疾患を主に対象としています。
最も多い症例は内視鏡による大腸ポリープ切除術です。
また、近年の高齢化を反映して、憩室疾患腸管の炎症性疾患、胆石や悪性腫瘍などの方が多くなっています。
緊急に種々の処置が必要な方も多く、状況に応じて迅速に適切な処置・治療を行っています。
総合内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病なし 90 1.30 - 0 30.36
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 68 16.76 - 7.35 78.91
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 66 24.24 - 16.6 87.07
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 41 4.43 - 0 66.46
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 29 10.27 - 10.34 73.06
総合内科では内科系の窓口としてあらゆる疾患の診療にあたっています。
当院は透析室も有しており、人工透析が必要な患者さんの診療も対応可能です。
最も多い症例である「精神作用物質使用による精神および行動の障害」とは急性アルコール中毒を指す場合が主です。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 処置2なし 153 9.43 - 0 64.77
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 75 3.22 - 1.33 69.14
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 75 15.89 - 0 81.28
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 67 4.25 - 0 71.46
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 54 8.55 - 0 69.27
循環器内科では、急性冠症候群、急性心筋梗塞等の虚血性心疾患に対する急性期治療や、頻脈性不整脈に対するアブレーションを積極的に行っています。
アブレーションは開胸することなく治療できることから、患者さんの身体的負担が軽減されます。
また、不整脈の直接的な原因となっている部分を治療できることから、手術が成功すれば根本的な治療となります。
アブレーション治療以外にも、急性心筋梗塞などに対応するため循環器科のホットラインを設置し、24時間体制で治療を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 91 3.13 - 0 65.75
050340xx97xxxx その他の循環器の障害 手術あり 36 17.05 - 2.77 69.58
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 処置等1_なし,1あり 処置2なし 定義副傷病なし 25 9.80 - 4.00 74.12
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤,腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 処置2なし 23 12.69 - 0 75.69
050180xx99xx0x 静脈・リンパ管疾患 手術なし 定義副傷病なし 11 9.81 - 9.09 80
当院で最も多い症例は、下肢静脈瘤に対する手術症例で、患者さんの身体的負担を軽減するレーザーを用いた手術も行っています。
それ以外にも、動脈瘤内にステントと呼ばれる金属製の網状の筒を挿入することで、動脈瘤を縮小させたり、破裂を予防するステントグラフト内挿術や緊急手術にも対応しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 66 6.63 - 0 70.42
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 60 8.56 - 0 67.60
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 19 5.89 - 0 42.36
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除,亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 15 14.53 - 0 70.26
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病なし 13 4.84 - 0 35.30
最も多い症例である鼠径ヘルニアをはじめとして、患者さんの身体的負担を軽減するため、積極的に鏡視下手術を行っています。
また、県が定めるがん診療連携拠点病院に準じる病院として、胃、腸をはじめとした各種がんの治療を行っており、消化器外科輪番制度に参加する病院として、緊急の手術にも対応しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1あり 50 2.00 - 0 60.16
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 29 19.68 - 6.89 75.79
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 16 16.18 - 0 76.79
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 14 18.42 - 14.28 76.62
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア2 11 13.36 - 0 85.64
最も多い症例は睡眠時無呼吸症候群を疑う患者さんに対する、1泊2日の検査入院です。
当該検査については、勤労者のニーズにこたえるべく、入院時間を17時以降でも可能とするなどの取り組みを行っています。
肺炎の症例も多く、各場に増加する傾向にあります。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 33 7.90 - 0 71.48
080010xxxx0xxx 膿皮症 処置1なし 32 9.84 - 0 63.25
050180xx99xx0x 静脈・リンパ管疾患 手術なし 定義副傷病なし 11 16.36 - 0 73.36
080110xxxxx0xx 水疱症 処置2なし - - - - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし - - - - -
当院で症例数が最も多い帯状疱疹は、ストレスや加齢による免疫力低下によって引き起こされる病気です。
それ以外にも糖尿病による足の壊疽や悪性腫瘍といった症例もあり、全身麻酔による手術等も実施しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1あり 31 2.00 - 0 57.67
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎 手術なし 26 6.46 - 0 40.46
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 20 8.60 - 0 69.25
030230xxxxxxxx 扁桃,アデノイドの慢性疾患 12 8.66 - 0 63.75
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 12 9.41 - 0 31.66
当科においては、扁桃、副鼻腔をはじめとした急性、慢性、感染疾患に関連した疾患が多く、手術については苦痛緩和も期し、全身麻酔での施行症例が主となっております。 
また、他の耳鼻咽喉科一般疾患につきましても全身状態に応じて、他科と連携し、総合的に診療に取り組んでいます。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 85歳未満 18 14.38 - 0 56.11
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳未満 12 18.33 - 0 66.41
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全あり) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 85歳未満 - - - - -
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全あり) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳未満 - - - - -
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり 85歳未満 - - - - -
当科では糖尿病の教育入院が最も多い症例となっています。
糖尿病治療に関しては医師だけでなく、看護師・栄養士等他職種が協力して患者さんの治療にあたります。
院内で糖尿病や治療に関することを学べる「糖尿病教室」も行っており、患者さんからは好評を得ています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 37 3.64 - 2.7 73.67
020110xx97xxx1 白内障,水晶体の疾患 手術あり 両眼 31 10.90 - 0 78.51
020110xx97xxx1 包括対象外 [ 白内障,水晶体の疾患 手術あり 両眼 ] - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
当科では老人性白内障、緑内障、糖尿病性網膜症、アレルギー性結膜炎(花粉症)、コンタクトレンズ、眼鏡処方一般、その他眼科疾患全般を幅広く扱っています。
視能訓練士が常勤しており、緑内障を含む視神経疾患や斜視弱視などに対する専門的な検査や治療、訓練を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 38 4 4 7 6 20 1 7
大腸癌 17 20 22 22 17 38 1 7
乳癌 6 3 0 0 3 3 1 7
肺癌 0 0 2 3 1 13 1 7
肝癌 1 6 9 3 3 18 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発と再発に分けて集計しています。なお初発はUICC TNM 病期分類別にて集計しています。 UICC TNM病期分類とは、UICC 病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発がんの大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。
29年度に退院した患者さんを対象に、集計対象期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしており延数として算出しています。
「初発」とは、当院において、当該腫瘍の診断、初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、自院・他院を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者さんを診療した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
当院は、県が定めるがん診療連携拠点病院に準じる病院として、各種がんの治療にあたっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 9.88 51.85
中等症 98 16.34 75.86
重症 27 15.38 82.09
超重症 5 15.99 86.75
不明 - -
市中肺炎とは、病院外で日常生活を送る中で罹患した肺炎を指します。
重症度は、日本呼吸器学会の成人市中肺炎診療ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPスコア)を用いて分類しています。
重症度の低い患者さんは年齢的に見て若い方が多く、加齢とともに重症化しやすく入院期間も長期化する傾向がわかります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 16 31.43 80 50
当院には脳神経外科がないため、急性期の患者さんについては他院へ診療をお願いすることになりますが、急性期を終えた患者さんについてはリハビリ等を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 89 7.39 27.06 6.74 72.62
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 82 8.74 34.04 8.53 71.54
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 82 4.25 42.87 2.43 74.56
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 60 3.90 27.03 55.00 81.90
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 48 8.08 41.37 0 60.50
脊椎や腰椎などの手術が最も多く、冬場に多い大腿骨頚部骨折による人工骨頭挿入術や膝関節の置換術も積極的に行っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 555 0.48 1.31 0 70.11
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 74 2.91 14.20 5.40 78.41
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 39 1.69 10.17 2.50 77.46
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 32 2.03 7.81 0 71.46
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 30 4.36 12.93 6.60 81.03
内視鏡室では、最新の内視鏡装置を備えています。
小さな病変もより発見しやすくなっており、大腸ポリープの切除件数や早期胃癌及び大腸腫瘍の粘膜下層剥離術の件数が増加しています。
総合内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 33.90 48.81 27.27 84.09
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
当院は透析設備を有し、透析の導入が必要となった患者さんに対して内シャント設置術を行います。
胃瘻造設術は、口から食事のとれない方や食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方に対し、直接胃に栄養を入れる手術です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 115 2.21 6.64 0 66.35
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 56 1.51 4.44 0 72.62
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 41 3.17 7.70 0 61.17
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 19 0 10.47 0 73.36
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 15 0 23.46 6.66 73.66
循環器内科では狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、弁膜症、心筋症、およびこれらに伴う心不全に対して治療を行っています。
不整脈疾患に対して、従来の電気生理学的検査やペースメーカー治療に加え、カテーテルアブレーションによる根治的な治療を数多く行っています。
心筋梗塞、狭心症等、虚血性心疾患に対する冠動脈ステント留置術も数多く実施しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 79 1.03 1.08 0 65.64
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 55 1.90 8.18 5.45 71.54
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 25 1.80 13.04 4 76.64
K6093 動脈血栓内膜摘出術(その他) 13 1.84 13.15 0 73.84
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 12 3.50 29.16 16.66 72.75
四肢の血管拡張術・血栓除去術が最も多い症例となっています。レーザーによる治療にも力を入れています。
大動脈瘤に対するステントグラフト手術を実施しているのも当院の特徴です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 70 0.94 7.94 1.42 68.50
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 57 1.14 4.77 0 70.22
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 27 6.29 17.03 0 71.55
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 19 0.21 4.68 0 42.36
K6335 鼠径ヘルニア手術 10 0.90 4.9 0 73.8
患者さんに優しい手術として、腹腔鏡下による手術を数多く手掛けています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 21 1.85 6.57 0 32.14
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
扁桃、副鼻腔、鼻腔関連疾患への手術で、感染対処、あるいは上気道呼吸環境の改善等でQ.O.L.改善に寄与できるように取り組んでいます。 
また喉頭関連、頸部手術等にも取り組んでいます。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K0842 四肢切断術(指) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0912 陥入爪手術(爪床爪母の形成を伴う複雑) - - - - -
K0841 四肢切断術(足) - - - - -
皮膚の悪性腫瘍に対して、全身麻酔下での手術も行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 65 0.04 6.38 0 76.07
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
老人性白内障、緑内障、網膜剥離、糖尿病性網膜症などに対し、適切な手術を早期に行い、良好な治療結果を得ています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 18 0.27
異なる 24 0.37
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.03
異なる 2 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 33 0.50
異なる 3 0.04
入院の合併症として代表的な4項目について集計しています。
「同一」とは入院の目的となった傷病名と主に治療を行った傷病名が同じ場合を指し、「異なる」とはある傷病名で入院中に、新たに発症した傷病名に対し主に治療を行った場合を指します。
なお、「手術・処置等の合併症」とはWHO(世界保健機関)が定める国際的な疾病等の分類(ICD)にならったもので、術後出血や創部感染などの手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態を示しております。
病院全体で、合併症を起こさないように注意を払って診療にあたっていますが、手術や処置の合併症はゼロにはなりえません。
起こりうる合併症のリスクについては、可能な限り、手術や処置の施行前に患者さんやそのご家族に説明を行い、同意をいただくようにしています。
更新履歴
2019/7/22
平成30年度神戸労災病院指標を公開しました。